塗装について

塗装の種類

ウレタン塗装
販売されている大半の家具に用いられる塗装方法。
木やプリント合板の上にウレタン系樹脂の塗膜を張り、表面をコーティングする塗装方法です。表面に相応の厚みの樹脂をコーティングするため熱や衝撃に強く、強度が保たれます。また、安価に製造可能なため、多くの家具の塗装に用いられます。
ただし、木の表面に通気性はなく呼吸を止めてしまうため、反りや割れが生じにくい反面、木本来の質感を感じづらくなります。耐久性には優れますが、閉じ込められた化学物質が長期間にわたり放出され続けるようになり、化学物質過敏症の方にはお勧めできません。
 
ラッカー塗装
オイル仕上げより強く、ウレタン塗装より木の質感が感じられる塗装方法。
ラッカー塗装は海外では一般的に用いられる塗装方法で、溶剤が揮発する事で硬くて耐久性のある塗膜を形成する塗装方法です。揮発が早く薄い塗膜を形成するため重ね塗りする事によって強度を出す方法が一般的です。
 
オイル仕上げ(オイルフィニッシュ)
自然由来のオイルを薄く木の表面に刷り込むことによって、薄い塗膜を作りコーティングする塗装方法です。ウレタン塗装のように衝撃や水分に対する強さはなく、また木の呼吸を止めない程度の塗膜であるため、極度の乾燥や湿気などで木の反りや割れを引き起こす事があります。しかし、木の持つ暖かみや質感をダイレクトに感じる事ができる優しい塗装方法となります。
また、個人でのメンテナンスや再塗装が容易であるため、メンテナンス通して永く、使い続けることが出来ます。

メリット・デメリット比較表

【安心・安全】パインファクトリーのオイル仕上げ家具について

パインファクトリーの家具は2種類の方法によって塗装されています。
ナチュラル色はオイル仕上げ、ミルキーホワイト色の白い部分はラッカー塗装です。
パインファクトリーの家具は材料となるパイン材を、触っても凹凸が分からない程、丁寧に磨き上げています。そこから1点1点丁寧にオイルを塗り込んでいます。
白い部分のラッカー塗装も、一般的な重ね塗りのラッカー塗装とは異なり、下地の木目が分かるほど薄く塗布しています。そのため触れた時にオイル仕上げ同様、木の質感やぬくもりを感じることが出来ます。
 また、ウレタン塗装の場合厚い塗膜のために、接着剤などから放出される化学物質を永い年月をかけて放出されるのに対して、パインファクトリーの家具たちは工場製造時や流通段階で大半の放出を終えており、F☆☆☆☆(フォースター)の基準を大きく上回る安全性となっています。
MENU
商品カテゴリ

ダイニングルーム

スタディルーム

リビングルーム

ベッド・収納

カントリー雑貨

コントラクト

パインファクトリー とは
インフォメーション